超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2021.1.16

■「吉野林業全書」に学ぶ (80) 
材木管(くだ)流しの方法①

「管流し」は、谷川の水の少ない所、または岩石が多く「筏(いかだ)」の通らない所で行う。その場所を見て、所々に「塞(せき)」をつくり水を貯めて、木材を流すものである。

この「塞」は、岩石の多い所へ材木を横に倒し、これを土台として下手に支柱(つづ)を張り、縦に棒を立てたところに、材木数本を横に積み重ね、その上に重りを載せて固める。材木を重ねたその隙間には苔(こけ)を詰め、その上に土を被せて水を貯め大きな渕とするのである。

この両側には足場をつくり作業用の通路とする。岩石の多い所では、材木で滑り板をつくり木材を流しやすいようにする。このような「塞」は下流に向かって適当な場所に、次々と設置する。

こうして流した木材を、大きな川の筏編みの場所にある「揚げ場」で引き上げる。「塞」には一人か二人、「揚げ場」には数人、大径木の場合は数十人の作業員を要する。

川上村の吉野林業と土倉庄三郎


参照:「吉野林業全書」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大迫ダムや大滝ダムが完成し、今となっては筏流しも行われない「大きな川」は様変わりしていますが、そこに注ぐ支流は、今も青く輝き美しい流れです。

ただこれを堰き止めて、材木を流すとなれば、解説では簡単なようですが、かなりの労力だっただろうと想像できます。長雨や台風で普段は穏やかな流れも、かなりの急流になっていますので、作った塞も度々流されたことでしょう。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2021 (82)
    • 2020 (73)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ (8...

    ≫■「吉野林業全書」に学ぶ (7...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2021 (82)
    • 2020 (73)
  • ページトップへ