超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2021.1.11

■「吉野林業全書」に学ぶ (79) 
材木木馬(きんま)出しの方法②

木馬をつくる方法は次の通りである。

木馬の両側にある親骨(本体)の二本は、樫の木を使い、長さ八尺五寸(約2m55㎝)、幅四寸五分(約13.5㎝)、厚さ一寸三分(約3.9㎝)で、天幅を狭めて地幅を広げて付けなければならないので、少し内側に傾けて、四か所に横貫を取り付ける。

その木口に長さ二寸二分(約6.6㎝)、幅二寸(約6㎝)、厚さ一寸(約3㎝)のホゾ(※)を付け、この先に止栓の穴を開け楔(くさび)で止める。

木材の積台は口径三寸余り(約9㎝)の桧で、前後の横木のところへ木馬の幅に応じて、両端の裏を切ってはめ込む。

そしていよいよ木馬に材木を積み、これを引く時は、その中貫に引綱を付け、これを左の肩に掛けて引く。そして、適当な場所に鎹(かすがい)を付け、右手に持って舵を取る。また、左手には油塗りを持ち、番木に時々塗って滑りを良くする。

この木馬の一日の作業量は一台当たり、坂路五、六百貫匁(約1,875~2,250㎏)、平坦な所で三、四百貫匁(約1,125~1,500㎏)である。

【備考】
木馬をつくる場合、その人の好みによって、長短、厚薄、幅の大小はある。また横貫を五本付けにする場合もあるが、この場合、中央の一本は丸太にする必要がある。


※ホゾ:木材をつなぐ場合に、一方の材に凸をつくり、一方の材には、これを差し込む凹をくり抜き両材を接合する。

川上村の吉野林業と土倉庄三郎


参照:「吉野林業全書」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

修羅出し、肩上げ、肩上げ曳き、釣持ち、地車出し、木馬出しと搬出作業の解説が続きましたが、いよいよ筏流しへ移行していきます。

木は大きくて重い・・・時代は変わっても、危険で過酷な作業になりますが、造林育林で得た産物を暮らしに活用し、また山に手を入れるサイクルが、この木の国を守ることに繋がります。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2021 (82)
    • 2020 (73)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ (8...

    ≫■「吉野林業全書」に学ぶ (7...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2021 (82)
    • 2020 (73)
  • ページトップへ