• HOME
  • >
  • 内装建材 吉野プレミアムシート(抗菌・抗ウイルス効果)

製品紹介 内装建材

吉野プレミアムシート

『川上村産吉野杉』天然木の上質な美しさを
あらゆる公共・商業空間に。

  • HOME
  • >
  • 製品紹介 内装建材 吉野プレミアムシート

吉野プレミアムシートの抗菌試験

吉野プレミアムシートの表面にJIS Z 2801 抗菌性試験をJNLA登録試験所において実施したところ、 抗菌性の基準を満たし、黄色ぶどう球菌と大腸菌を抑制する効果が実証されました。これにより、抗菌剤を使わない天然素材製品による抗菌効果が期待できます。(感染防止、防汚、防カビ、防臭などの副次的効果を訴求するものではありません)

抗菌とは?

抗菌とは、製品の表面における細菌の増殖を抑制することをいいます。

試験内容

[試験機関] 一般財団法人ボーケン品質評価機構
[試験菌株] 黄色ぶどう球菌、大腸菌
[試験対象] 吉野プレミアムシート表面(水溶性ウレタン クリア塗装あり)
[試験方法] JIS Z 2801
①シャーレ内の試験片(5×5cm)に試験菌液0.4mlを滴下し、フィルム(4×4cm)をかぶせ、シャーレのふたをする。
 ※試験は未加工試料、加工試料で実施
②シャーレを35℃、90%RH以上で24時間培養させる。
③24時間後、SCDLP培地に10ml加えて、フィルムと試験片から試験菌を洗い出す。
④洗い出し液中の菌数を寒天平板培養法により測定する。
⑤下記の式に従い抗菌活性値を算出する。
抗菌活性値=log(無加工試料1cm2当たり・培養後生菌数)ー log(加工試料1cm2当たり・培養後生菌数)
[評価基準] 抗菌活性値 ≧ 2.0

試験結果

抗菌試験結果
黄色ぶどう球菌
試験1
試験結果見出し 抗菌試験結果
黄色ぶどう球菌
試験2
試験結果見出し 抗菌試験結果
黄色ぶどう球菌
試験3
試験結果見出し 抗菌試験結果
大腸菌
試験1
試験結果見出し 抗菌試験結果
大腸菌
試験2
試験結果見出し 抗菌試験結果
大腸菌
試験3
試験結果見出し 抗菌試験結果

吉野プレミアムシートの抗ウイルス試験

吉野プレミアムシートの表面にISO 21702の抗ウイルス性試験をJNLA登録試験所において実施したところ、 抗ウイルス性の基準を満たし、インフルエンザウイルスを抑制する効果が実証されました。これにより、抗ウイルス剤を使わない天然素材製品による抗ウイルス効果が期待できます。(感染防止を訴求するものではありません)

抗ウイルスとは?

抗ウイルスとは、製品上の特定ウイルスの数を減少させることをいいます。

試験内容

[試験機関] 一般財団法人ボーケン品質評価機構
[試験ウイルス] インフルエンザウイルス A 型(H3N2)
[試験対象] 吉野プレミアムシート表面(水溶性ウレタン クリア塗装あり)
[試験方法] ISO 21702
①5cm角のプレート状の検体に試験ウイルス液0.4mlを接種し、被覆フィルムを被せる。※試験は未加工試料、加工試料で実施
②ウイルス液接種後の試料を25±1℃、90%RH以上で24時間静置(接触)させる。
 ※試験ウイルス液濃度:1.3×107 PFU/mL
③24時間後、試料上からウイルスを回収し、プラーク法にてウイルス感染価の測定を行う。
[評価基準] 抗ウイルス活性値 ≧ 2.0

試験結果

抗ウイルス試験結果
インフルエンザ
ウイルス試験
試験結果見出し 抗ウイルス試験結果

両試験に関する留意事項

●特定環境下における試験結果数値であり、実際の使用状況で同様の性能を保証するものではありません。
●すべての細菌およびウイルスに効果を発揮するものではありません。
●病気の治療や予防を目的とするものではありません。

その他の製品はこちら
ページトップへ