• HOME
  • >
  • 製品紹介 内装建材 吉野プレミアムシート3(施工方法)

製品紹介 内装建材

吉野プレミアムシート

『川上村産吉野杉』天然木の上質な美しさを
あらゆる公共・商業空間に。

  • HOME
  • >
  • 製品紹介 内装建材 吉野プレミアムシート

吉野プレミアムシート
施工マニュアル動画

吉野プレミアムシートの施工手順
(基材が石膏ボード、
ケイ酸カルシウム板の場合)

※基材が金属板・アルミニウム合金板の場合は施工手順が異なります。別途お問合せください。 
※モルタル下地への直接施工は推奨致しません。
準備

吉野プレミアムシートは内装のみにお使いいただき、高温、高湿、水に濡れる環境でのご使用は避けてください。
施工にあたっては、一般的なクロス貼りに使用する道具をご用意ください。また、パテやシーラー・糊などは、壁紙施工専用品をお使いください。専用品以外のものを使用すると、目スキ、膨れが発生することがあります。ご使用にあたっては、副資材メーカーの施工要領・取り扱い注意事項を必ずご一読ください。

準備物の写真
下地づくり

①下地材の割り付け 下地材のプラスターボードやケイ酸カルシウム板は、ジョイント部を目立たなくするため、できるだけ4尺×8尺以上のサイズのものをご使用ください。6尺以下の高さの板を使用する場合は、足元の低い位置でジョイントをしてください。

下地材の割り付けの説明画像

②コーナーの確認と準備 出隅、入隅、目地など、折り曲げ部分の下地は、タチとカネが出ているかご確認ください。タチが出ていない面に施工すると、しわが入ったり、きれいに折り曲げができなくなります。確認できましたら、コーナー材を取り付けてください。

コーナーの確認と準備のイメージ写真

③事前処理 ネジ・クギ類は施工後の変色を避けるため、突起を完全に沈め錆止めをしてください。また既存クロスの貼り替えなどは、下地の紙をきれいに除去してください。

事前処理のイメージ写真

④パテ処理、平滑仕上げ ボードのジョイント部分やビスの頭、下地の不陸、コーナー部は、下地に近い色のパテを用いて平滑にします。ボードジョイント部分のパテの幅は250mm以上を推奨します。パテ製品の施工要領に従って下塗りと仕上げ塗りを行い、ペーパーで仕上げてください。

パテ処理、平滑仕上げのイメージ写真

⑤シーラー・プライマー処理 ケイ酸カルシウム板など吸い込みの激しい下地にはシーラーを、耐水性石膏ボード下地、出隅入隅などのコーナー部にはプライマーを施してください。また、冬場のプラスターボード下地や窓枠・扉枠の塗料が下地に付着している場合にもプライマー処理を行います。なおシーラーはメーカーの施工要領に従ってお使いいただき、プライマーは原液のままお使いください。

シーラー・プライマー処理のイメージ写真

⑥下地の乾燥 下地処理した後は、十分に乾燥させてから施工を始めてください。

下地の乾燥のイメージ写真
施工糊

①採寸と裁断 糊付け前に、貼り付け箇所を正確に採寸します。次に必要な寸法より4cmから5cm大きめに吉野プレミアムシートを裁断してください。

採寸と裁断のイメージ写真

②使用糊 施工糊はメーカーの注意事項を確認の上、希釈を行わず原液を使用してください。塗布量は平米あたり140gから160gを目安とし、均一に塗布します。アール部分や曲げが多い壁面に使用する接着剤は、ウォールボンド工業社のウォールボンド200をお勧めします。また下地の種類と状態、温度、湿度に応じて、390クリーンなどのエチレン酢酸ビニル系接着剤を適量添加してください。

使用糊の写真

③糊付け 糊付けは、クロス用の糊付け機を使用します。糊をつけすぎると膨れの原因になりますのでご注意ください。糊付け後は壁紙をきつく折り畳んだり、湾曲部に荷重をかけないようにしてください。巻きグセが付いている場合は、逆巻きなどをして、できるだけ平坦な状態にしてお使いください。

糊付けのイメージ画像

④養生時間 糊付け後、夏は5分から10分程度、冬は30分程度のオープンタイムを設け安定させてください。

養生時間のイメージ画像

⑤付着した糊、汚れの処理 糊、汚れがシートに付着した場合は、きれいな水を含ませ固く絞った布で直ちに拭き取り、最後に乾拭きを行ってください。

付着した糊、汚れの処理のイメージ画像
糊について一覧画像
貼り付け

①貼り出し 吉野プレミアムシートの貼り付けはまず天地を確認し、向かって右からシートの番号順に貼り進めていきます。シートを貼り付けたら、プラスチックスキージーを用いて平滑にならしエア抜きを行ってください。三巾(みはば)ほど貼り終えた時点で、シート製品に問題がないかをご確認ください。

天地確認のイメージ写真

②ベタ貼り ビニールクロス同様、まず片側端部に下敷きテープを貼り付け、もう一方の端部にはクロスカットテープを貼り、約 1cm 重ねます。そして重なり部分の中央に定規を当て、カッターナイフで裁断します。その際は地ベラを使わず、カッターナイフの刃はシートに対して直角に入れてください。その後裁断された端材や基材表面の汚れやゴミを取り除き、次にシートと下地の間に和紙テープをはさみ、クロスカットテープと下敷きテープを取り除きます。 それから両側のシートの端部を突き合わせて指先で押さえつけ、突き合わせ部分に段差が生じていないことを指で確認したあと、ジョイントローラーで圧着します。

ベタ貼りのイメージ

③透かし目地貼り プラスターボードを現場でカットして透かし目地の下地をつくる場合は、間隔を空けて施工したプラスターボードにハット型目地材をはめ込み、パテでならし、プライマーを塗布して下地を仕上げてください。目地として望ましい幅は9mm以上、深さは8mm以上です。また、ケイ酸カルシウム板などのボードをきれいにカットすれば、目地材などを使用することなく下地がつくれます。その場合、目地として幅を6mm以上、深さを6mm以上確保するように間隔を空けて基材を貼ってください。
吉野プレミアムシートは、目地部分にヘリがくるように幅なりに裁断して使用します。入隅部をヘラでしっかりと押さえ、目地底で重なるように納めて貼ってください。この際、強く押さえすぎるとシートが切断されますのでご注意ください。また、接着剤が硬化するまで必ずバックアップ材などを挿入してください。

透かし目地貼りのイメージ

④出隅への貼り付け 出隅などに対してシートを曲げて貼り付ける場合は、接着力を高めるため角から10cm幅程度の範囲にプライマーを事前に塗布してください。なおシートの突き合わせジョイントは、角から5cm以内を避けて行ってください。

出隅への貼り付けのイメージ写真

⑤入隅への貼り付け 吉野プレミアムシートは基本的に、入隅の下地ボードの継ぎ目に合わせてジョイントしてください。

入隅への貼り付けのイメージ写真

⑥アール壁への貼り付け アール壁下地全面にプライマー処理を施し、入隅でジョイントした上でプラスチックスキージーを用いてシートを貼り付けてください。

アール壁への貼り付けのイメージ写真

⑦コーキング処理 シートが貼り終わりましたら、状態に応じて端部にコーキング処理を行ってください。コーキング材は壁紙と同色又はクリアを使用し、 外観を整えるように施工してください。

コーキング処理のイメージ写真

⑧補修 軽微な表面の破損箇所は、色鉛筆やかくれん棒、ヤヨイキャンパスなどの着色剤を使用し、丁寧に着色作業を行ってください。なお、小さい面積でもキズが深い場合には、パテ埋め、着色塗装、木目描きなどの補修作業を、家具の補修専門家に依頼することをお勧めします。

補修のイメージ写真
養生

①自然乾燥、自然換気 施工後は接着が安定するまで自然乾燥してください。施工中・施工後ともに冷暖房などによる急激な室温の変化を避けてください。

養生のイメージ写真

②シート面の養生について シート面をボードなどで養生する際は、必ず全面に行ってください。部分養生は、短時間でも養生していない部分との間に日焼けの差が生じることがあります。

養生のイメージ写真

③養生テープについて 養生に際して粘着テープを使う場合は、粘着性の強いものの使用は避けてください。尚、粘着性が弱いテープであっても変色や汚れの原因となりますので、貼り付けたまま長時間放置しないでください。またテープを剥がす作業は、壁紙を破損することがありますので慎重に行ってください。

養生のイメージ写真
その他の製品はこちら
ページトップへ