ブログ

吉野かわかみ社中の活動を中心に
旬の情報をレポートします。

2021.12.22

【川上村学校建設事業】下多古村有林伐採

歴史の証人と言われる日本最古の人工林「下多古村有林」の中でも最も目立つ存在が、樹齢約400年、胸高直径164cm、幹回り515cm、高さ約50mにも達する吉野杉です。
歴史の証人
 
そのすぐそばにある同じく400年生の吉野杉が間伐されることとなりました。
伐採チームの皆さんによる巨大なチェーンソーでの伐採は、始まれば正確に手際よく進みますが、この大きさであり、さらに上方伐倒となりますから、その段取りにしっかりとした時間が必要でした。
 
 
下多古村有林伐採
高さは40mを超え、伐採後に測った元口の直径は130㎝はありました。
元口から最初の枝までは9mより高い位置にあったようで、若干の目割れは見られたものの、良い板材が期待できそうです。
今後1年間の葉枯らし乾燥期間を経てから出材し、学校の内装の一部等に利用される予定です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
奈良県川上村では「川上村保育園並びに義務教育学校施設整備事業」として、令和6年4月開校を目指した木造3階建新校舎新築計画が進められており、その材料全てを川上村産材で用意するため、かつて「土倉庄三郎」が植林を進めた、高原村有林の間伐材も多く利用しています。
 

最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2022 (39)
    • 2021 (80)
    • 2020 (150)
    • 2019 (104)
    • 2018 (40)
    • 2017 (27)
    • 2016 (19)
    • 2015 (12)
  • ≪【川上村学校建設事業】解体工事...

    ≫上棟式@奈良県内

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2022 (39)
    • 2021 (80)
    • 2020 (150)
    • 2019 (104)
    • 2018 (40)
    • 2017 (27)
    • 2016 (19)
    • 2015 (12)
  • ページトップへ