超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2021.5.29

■「吉野林業全書」に学ぶ (118) 
大阪港三軒家貯木場①

三軒家貯木場は木津川口西側の沿岸にあり、官有地で元々は船囲場であったが、材木流通が盛んになると、諸国の材木を受け入れる貯木場として借用することになった。

この貯木場は、南北1000mを超え、東西両側の陸地3000坪を併せると全体の広さは11000坪あった。北側の入口には洪水などの非常用にも使われた水門を設けてあり、突き出した範囲の南側を開けて、材木の搬入を自由にした。

川上村の吉野林業と土倉庄三郎


参照:「吉野林業全書」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

原木市の開催される「吉野木材協同組合連合会」の土場の面積が約4500坪なのですが、その倍以上の広さで、最盛期の積みあがった原木を想像すると、かなりの迫力だっただろうなと思います。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2021 (98)
    • 2020 (73)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ (1...

    ≫■「吉野林業全書」に学ぶ (1...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2021 (98)
    • 2020 (73)
  • ページトップへ