超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2021.4.29

■「吉野林業全書」に学ぶ (113) 
吉野材木産業組合霊安寺検査所②

黒滝村の一部と、下市町秋野川流域の産出材の検査を行うため、吉野材木産業組合下市検査所を置いたが、そこでの検査取扱いは霊安寺検査所と同じである。

西奥川は急流狭渓で、昔は筏を流すことができなかった。そのため、霊安寺までは「管流し」を行うのであるが、洪水の際は木材の流出が多かった。

しかし今から百年前 (吉野林業全書発刊年から100年前とすれば、西暦1800年頃) に和田村 (現在の川上村) の今西徳右衛門が、洪水によって、多くの木材が流れ出ても、すべてそれを淀み止める「張瀬」と言われる杉の大材を横に渡したものを発明し、要所に設置した。

その後、西奥川は大改修を行って、筏流しが行われるようになったが、流出材木予防のため、今でも (吉野林業全書発刊当時1898年頃です。)「張瀬」は実行している。また和田村には、徳右衛門の功績を称え遺徳碑も建てられた。

川上村の吉野林業と土倉庄三郎


参照:「吉野林業全書」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今西徳右衛門の遺徳碑が、川上村北和田に建てられたとあるのですが、今でもあるのでしょうか。

また調べて見に行ってみたいと思います。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2021 (98)
    • 2020 (73)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ (1...

    ≫■「吉野林業全書」に学ぶ (1...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2021 (98)
    • 2020 (73)
  • ページトップへ