超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2020.12.19

■「吉野林業全書」に学ぶ (71) 
材木滑り板出し(修羅出し)の方法①

険しい道のりを、遠い所から土場(川辺の筏場または車積みの場所)まで、数多くの杉・桧の材木を運搬するには、材木で滑り道をつくり(俗に修羅と言う)、その上を滑らせて下すのが大変便利である。
川上村の吉野林業と土倉庄三郎
この滑り板のつくり方は、二十年生以上の立木のある場所ではそれを利用する。

立木のない場所では、杭(ホウシとも言う)を立て、これに横木(ウデとも言う)を付けて長い竿を掛け、二間(約3m60㎝)もしくは三間(約5m40㎝)の間に、二本から三本の枕木を横に渡し(特に要所には支柱を立てて、下に落ちないように注意する)、その上に二間または三間丸太を細いもので五、六本、太ければ三本を並べ、幅一尺(約30㎝)、厚さ二寸(約6㎝)の板一枚を渡し、両脇に丸太を一本ずつ添える。

もっとも、大木を下す時は滑り板の幅を広くし、小木を下す時は狭くつくる。

なお、この外側には「カテ」と言って、両側に太いものは一本腕、細ければ二、三本重ねて垣のようにつくる。これはフジツタで括り、楔(くさび)で固く止める。そして、平坦なところでは両側から支柱を立て、傾斜地では裏からしっかり支柱で押さえる。

また岸からは押さえを張るのであるが、最も険しい場所では「紫サデ」をつくる。これは、両方に竿を掛け、二尺(約60㎝)毎に数十本の横木を結び付け、横木の裏に三尺位(約90㎝)の杉の枝の元を差し込み、フジツタで括りつける。

これの幅は三尺位につくり、両脇に「カテ」を付ける。この「カテ」には両方にセリ棒を立て、外に落ちないようにしっかり止める。さらに下に落ちないように、下の木口にカシの杭を打ち、フジツタで枕木に繋ぎ止める。

川上村の吉野林業と土倉庄三郎


参照:「吉野林業全書」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、解説は加工から運搬へ移行しました。しかし、今回の解説はちょっと難解ですね・・・。読み解けず、超現代語訳にはほど遠いかもしれません。図解と写真で読み取って頂ければ幸いです。

ダイナミックな「修羅出し」ですが、もちろん現在では行われていません。重機や機械設備の発達はもちろんなのですが、やはりマンパワーの成せる業です。当時の林業就業者人口があって、ここまで大規模なことができました。

すごいなあと圧倒される反面、様々なことを考えさせられます。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2021 (82)
    • 2020 (73)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ (7...

    ≫■「吉野林業全書」に学ぶ (7...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2021 (82)
    • 2020 (73)
  • ページトップへ