超現代語訳

川上村の吉野林業を学ぶ

これからの時代に活かせることを、
川上村と吉野林業の歴史に学びます。

  • HOME
  • >
  • 超現代語訳 川上村の吉野林業を学ぶ

2020.11.28

■「吉野林業全書」に学ぶ (67) 
杉木香の取り方とその効用

「木香」は杉の木質が最良で、淡紅色または紅色、赤色のものから取るのが良い。

よって、酒榑、桶を製造する際の削った鉋屑や、杉の切り株などから取れるものをよく乾燥して、ふご(竹やワラで編んだ容器)に入れ囲っておいて使用する。

その使用方法は、酒桶の古いものを、よく洗い乾燥し水気を取った上で、木香を入れて蓋をする。その桶は厚紙で隙間を張り詰めて(張り込みともいう)そのままにしておく。

三週間ほど経過したところでこの蓋を開き、木香を取り出して掃除をしたところに、酒を入れる。このようなやり方をしたものは、吉野杉上等品の新桶で造った酒と、ほとんど変わらないものができる。大変簡単な方法であるので効果は絶大と言わざるを得ない。

吉野杉の木香は、苦味、渋味、甘味、辛味の四つを含有するものであるから、これを酒に混ぜれば、その味を芳醇にすることは間違いない。先年、兵庫県で勧業会が開催された際、会長の伊藤亀之助君から木香試験の成績報告があり、その効用は広く世間に知れ渡ったのである。

【備考】
地方へ出荷する木香は、杉の伐り株の根を掘り出し、白皮や腐った部分を削り取った色の良いものを、十分に乾燥して、ふごに入れて口は縄でふさいで運ぶ。

運んだ先では、この株根を鉋で削り、その鉋屑を前述のように使用すればよい。

土佐国(高知県)では、20年生くらいの杉の伐根で、赤身に油気が満ちた時にこれを堀り出し、鉋で削り、長さ二尺くらい(約60㎝)にして出荷している。これを竹の棒ではさんで、そのまま醸造中の酒に入れておくということである。

川上村の吉野林業と土倉庄三郎


参照:「吉野林業全書」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

昭和の初めころから、杉の酒仕込桶が減少するに伴って、木香の香りはかえって邪魔だといわれるようになり、忘れられたようになくなっていったとのことです。

確かに、杉や桧の鉋屑は良い香りですが、加減もあれば、昔と今の香りに対する感覚も変わっているとは思います。

すいません・・・日本酒をやらないので、いい加減なことは言えませんが・・・。もとより、杉と桧の香りに囲まれて、鼻が慣れてしまい、あまり香りが分からないです。


最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2021 (82)
    • 2020 (73)
  • ≪■「吉野林業全書」に学ぶ (6...

    ≫■「吉野林業全書」に学ぶ (6...

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2021 (82)
    • 2020 (73)
  • ページトップへ