• お問い合わせ
  • 資料請求

ブログ

2019.4.30

平成から令和へ

「平成」最後の日となりました。

戦後復興に伴い、「林業」が隆盛を極めた「昭和」でしたが、そのために講じられた「拡大造林政策」や「木材輸入の完全自由化」は「変動相場制」による経済とのミスマッチによって「安い輸入材」を台頭させることとなり、「平成」のバブル崩壊で「国産材」はまさにとどめを刺された形となりました。

そして「失われた20年」です。

「平成」は「吉野林業」にも大変厳しい時代だったと言わざるを得ません。

ですが、その低迷に終止符を打って、歴史ある「吉野林業」を守り再生させるため、「吉野かわかみ社中」が設立されました。

「もうあかん」「もうどうしようもない」という声の中、お金に換える「商品」考案、売るための仕組みの整備、販路開拓等々、3年間がむしゃらに走ってみました。

「チャンス」どころか、「やること」「やれること」は腐るほど転がっていました!

「令和」という時代を迎え、底を打った林業は蘇ろうとしています。

でもそれは、新しい時代のニーズにしっかり応えることができないと、全国の大きなうねりに取り残されることにもなると思います。

「どんなに悔いても過去は変わらない
 どれほど心配したところで
 未来もどうなるものでもない。
 いま、現在に最善を尽くすことである。」

吉野杉


 

最新の記事

アーカイブ

  •  

    • 2019 (40)
    • 2018 (40)
    • 2017 (27)
    • 2016 (19)
    • 2015 (12)
  • ≪令和元年スタート

               

    ≫奈良ホテルにて一日販売会開催!

    最新の記事

    アーカイブ

  •  

    • 2019 (40)
    • 2018 (40)
    • 2017 (27)
    • 2016 (19)
    • 2015 (12)
  • ページトップへ